映画『累-かさね-』のあらすじ・感想・主題歌など

映画

映画『累-かさね-』あらすじ

※公式の動画が埋め込み禁止になっているため、予告編はこちらのリンクからどうぞ!

今は亡き伝説的な女優・淵透世(ふちすけよ・檀れい)を母に持ち、自分も天性の演技力を持ちながら顔に傷があり、強い劣等感を持つ淵累(ふちかさね・芳根京子)。
一方、圧倒的な美貌を持ちながらもある秘密を抱え、舞台女優として結果が出せずにいる丹沢ニナ(土屋太鳳)。透世とかつて親交があった男・羽生田釿互(はぶたきんご・浅野忠信)を介して二人は出会う。
累の持つ、それを塗って唇を重ねると顔(声も含む)を入れ替えることができる特殊な口紅を使い、累の演技力とニナの美貌を併せ持つことで舞台女優として成功するのだが……

映画『累-かさね-』感想など

前回の記事で少し本作に触れたのですが、この作品も公開時(2018年9月)に映画館で見ました。
そもそも2018年7月期(7~9月)にドラマ『チア☆ダン』を見て、土屋太鳳ってよくね?と思っていたらちょうど本作が公開されたという経緯があります。

土屋太鳳と芳根京子が、それぞれ自分の役の人格の時と、相手の役の人格の時を演じ分けているのですが(土屋太鳳は通常時のニナと顔だけニナになった累、芳根京子は通常時の累と顔だけ累になったニナをそれぞれ担当しています)、これが本当に「あれ……人格って他人に移せるんだっけ……???」と混乱するほどうまく切り換わっていてよかったです。

終盤の対決シーンで、ニナが自分の顔を人質に取って累に言う「自分自身でいられるなら、醜い姿だって構わない。私はあんたみたいに、中身まで醜くないから!」という台詞、本当に残酷です。

累視点だと、そもそも外見の醜さによって周囲から迫害を受け、中身も醜くなってしまったわけです。その後、ニナの顔を得て明るさや自信を取り戻してもいます。
ニナも累に人生を乗っ取られて、自信を喪失して時折弱気な姿を見せるように変わっていきます。このように、外見と中身は独立して存在しているのではなく、外見が中身に影響を与えるんです。「外見が醜くても、中身は美しい」なんて絵空事を圧倒的な美貌を持って生きてきたニナに言われるのは我慢ならないですよね。

結局のところ、あの謎の口紅くんがいなければ悲劇は起きなかったんですよね。「他人の顔になれば人生が変わる」なんて希望を持たなければ……

今回印象に残った台詞は、なぜだか「ヨカナーンの首を!」でした。

主題歌について

Aimer 『Black Bird』MUSIC VIDEO 映画『累-かさね-』(9月7日(金)公開・主演:土屋太鳳×芳根京子)ver.

Aimerの『Black Bird』という曲が主題歌なんですが、これがもう……良すぎる……!!!!

曲も歌詞も、ここまで映画にマッチしているのは中々ないでしょう。イントロから既に累の激情が伝わってきます。
この曲はシングル『Black Bird/Tiny Dancers/思い出は奇麗で』とアルバム『Penny Rain』に収録されています。

この曲きっかけでAimerの他の曲も聴くようになりました。
この曲が好きな人には、『RE:I AM』『holLow wORlD』などの曲も合うと思います。
また、2021年4月14日(水)にはAimerの新アルバム『Walpurgis』が発売予定ですよ。

動画配信情報

本作は2021年3月30日現在Amazonプライム・ビデオで配信中です。
長らくDVDとBlu-ray以外見る手段がなかったのですが、2021年2月にようやく配信されました。

コメント